Reuters logo
米大統領がキューバ大使を指名、上院の承認難航も
2016年9月28日 / 01:52 / 1年前

米大統領がキューバ大使を指名、上院の承認難航も

[ワシントン 28日 ロイター] - オバマ米大統領は27日、キューバとの国交正常化後初の駐キューバ大使に職業外交官のジェフリー・ディロレンティス氏を指名した。国交正常化に反対した共和党が多数派を占める上院での承認手続きは難航が予想される。

 9月28日、オバマ米大統領(写真)は27日、キューバとの国交正常化後初の駐キューバ大使に職業外交官のジェフリー・ディロレンティス氏を指名した。ニューヨークで20日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

ディロレンティス氏は現在、ハバナで利益代表部から格上げされた米国大使館のトップを務めており、1月に退任する前にできる限りキューバとの関係を正常化させておこうとするオバマ大統領の意向を反映した人事だ。

同氏の大使指名は上院での承認を得る必要があるが、大統領選挙を控えている上に、マルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州選出)やテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)などキューバ系移民の血を引く議員らの強硬な反対が予想され、すんなり承認が得られる見込みは薄い。

ルビオ上院議員は声明を発表し、オバマ大統領によるキューバ大使の指名について「土壇場のレガシー・プロジェクトだ」とこき下ろした。

米上院では、1人の議員でも反対すれば、大使の指名に関する本会議での採決に待ったをかけることができる。

一方、オバマ大統領は声明でディロレンティス氏について、国交正常化プロセスで同氏が指導的役割を果たしたことを称賛し、「大使が駐在していれば、米国の利益を守り、キューバ政府との間で意見の違いがある中でも理解を深めることが容易になる」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below