Reuters logo
米住宅所有率、第2四半期は過去最低 賃貸派が増加
2015年7月28日 / 14:53 / 2年前

米住宅所有率、第2四半期は過去最低 賃貸派が増加

[ワシントン 28日 ロイター] - 米商務省が28日発表した第2・四半期の住宅所有率(季節調整済み)は63.5%と、統計開始以来の最低の水準に達した。賃貸を選好する米国人が増加していることが浮き彫りとなった。

前四半期は63.8%。ピークは2004年の69.4%。

同時に、賃貸住宅の空家率は6.8%と、前四半期の7.1%から低下し、1985年以来の低水準となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below