Reuters logo
アングル:米民主党の副大統領候補、金融改革推進派で反TPPの人物求める声
2016年7月22日 / 08:31 / 1年前

アングル:米民主党の副大統領候補、金融改革推進派で反TPPの人物求める声

[ワシントン 21日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補指名がほぼ確実となったヒラリー・クリントン前国務長官は、早ければ22日にも副大統領候補を発表する見通し。民主党のリベラル派は、環太平洋連携協定(TPP)に反対するとともに徹底したウォールストリート(米大手金融機関)改革を支持する人物の起用を強く求めている。

 7月21日、米大統領選の民主党候補指名がほぼ確実となったヒラリー・クリントン前国務長官は、早ければ22日にも副大統領候補を発表する見通し。写真はラスベガスで19日撮影(2016年 ロイター/David Becker)

事情に詳しい民主党の関係筋によると、ティム・ケイン上院議員(バージニア州選出)、コリー・ブッカー上院議員(ニュージャージー州選出)、トム・ビルサック農務長官が有力候補に含まれている。

プログレッシブ・チェンジ・キャンペーン・コミッティー(PCCC、進歩主義的な変化を目指す運動委員会)の共同創設者、ステファニー・テイラー氏は「クリントン氏はTPP反対を約束したことから、同じ立場の人物を選ぶことが重要だ」と述べた。

TPPをめぐっては米国の労働者に不平等な協定だとの批判があり、予備選では大きな争点となった。クリントン氏と指名を争ったバーニー・サンダース上院議員(バーモント州選出)は、TPPや同様の貿易協定に反対する左派層を率いた。

ケイン氏とビルサック氏はこれまで、オバマ政権が交渉を進めたTPPなどの自由貿易協定を支持してきた。クリントン氏自身はこうした貿易協定から距離を置いている。

民主党の関係筋は、副大統領候補の選択は内密にされているが、クリントン氏がケイン氏に傾いている「感触」があると話す。その上で、ケイン氏が優位だとしても、ビルサック氏の起用も「確実に」検討されていると述べた。ケイン氏とビルサック氏はそれぞれ過去にバージニア州とアイオワ州の知事を務めた。

同筋は、クリントン氏は「信頼でき、政策決定が行えて」将来的に大統領職を引き受けられるパートナーを求めており、ケイン氏がその条件を満たすとみている、と述べた。

共和党の大統領候補指名を受諾したドナルド・トランプ氏は、副大統領候補にインディアナ州知事のマイク・ペンス氏を選んだ。

<「サプライズ」の起用も>

一方、民主党初となるヒスパニック系の公認候補を求める声も上がっている。

ネバダ州ラスベガスの飲食業の従業員組合で政治担当ディレクターを務めるイバンナ・カンセラ氏は「米政府の最高職の一つにラテン系の人物が就任すべき時期はとっくに過ぎている」と指摘した。

ヒスパニック系の副大統領候補としては、トーマス・ペレス労働長官とフリアン・カストロ住宅都市開発長官が取り沙汰されている。

関係筋によると、党内のリベラル派の本命で、ウォールストリートへの厳しい批判で知られるエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)は、クリントン氏が真剣に起用を検討したものの、公認候補として「適切なバランス」はもたらさないという。

このほかここ数日では、「サプライズ」で選ばれる可能性があるとして、ブッカー議員を含む数人の名前が挙がっている。アフリカ系米国人のブッカー氏は1期目の上院議員で、ニュージャージー州ニューアーク市長などを歴任した。

前出のテイラー氏は、クリントン氏が副大統領候補に「ウォールストリートの抜本的な改革に注力する人物を選ぶことも重要」だと指摘。人選を誤れば、トランプ氏の大統領選出を阻止する民主党の取り組みの障害になる可能性があると述べた。

米オハイオ州クリーブランドで開かれている共和党全国大会でクリントン氏に対する強い批判が繰り広げられる中、ブッカー議員は当地に向かい、クリントン氏の選挙運動を擁護。MSNBCのインタビューでこうした批判について「卑劣で悪意がある。われわれの国の姿を反映していない」と述べた。

民主党の関係筋によると、クリントン氏は早ければ22日にもフロリダ州で副大統領候補を発表する可能性がある。民主党はペンシルベニア州フィラデルフィアで来週開く大会で、同氏を党候補として正式指名する見通し。

民主党の別の関係筋は、クリントン氏が発表を23日まで待つ可能性があると指摘。先延ばしにすれば、その間のメディア報道はトランプ氏支持をめぐって亀裂が露呈した共和党の全国大会に集中するとみられる。

ファッションブランド「エスプリ」の創業者で、クリントン氏の近い友人、また同氏のキャンペーンの大口献金者でもあるスージー・トンプキンス・ビュエル氏は21日、民主党の副大統領候補となる可能性のある人物についてはコメントを控えた。ただその一方で、副大統領候補は、トランプ氏の副大統領候補の選択とは「著しく異なる」と述べた。

Richard Cowan記者 翻訳:本田ももこ 編集:加藤京子

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below