Reuters logo
トランプ氏はポピュリストでなく「外国人恐怖症」=米大統領
2016年6月30日 / 10:11 / 1年前

トランプ氏はポピュリストでなく「外国人恐怖症」=米大統領

[オタワ 29日 ロイター] - オバマ米大統領は29日、カナダで行った記者会見で、共和党の大統領選候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏への批判を示唆する発言を行った。大統領は、トランプ氏の発言に対する反感を隠しておらず、同氏がポピュリスト(人民主義者)と表現されることにうんざりした様子を示した。

 6月29日、オバマ米大統領は、カナダで行った記者会見で、共和党の大統領選候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏(写真)への批判を示唆する発言を行った。3月撮影(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

大統領は名指しを控えながらも「労働者への心遣いを示したこともなく、社会正義のために戦ったこともなく、貧しい子供たちが適切な医療サービスを確実に受けられるよう戦ったこともない」人物は、「ポピュリスト」の定義を満たさないと指摘。

さらに「選挙で勝つために物議を醸す発言をしてもポピュリストにはならない。それはポピュリズムではなく、排他主義であり外国人恐怖症であり、もっと悪くいえば皮肉でしかない」と述べた。

また、民主党候補指名を目指してきたサンダース上院議員について、本物のポピュリストと呼ばれるにふさわしい、と指摘した。

言及は会見の最後に6分超に及び、大統領は「すみません(Sorry)」と釈明し、時おり不満をこぼすのは去りゆく大統領の特権だ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below