Reuters logo
クリントン氏支持率、トランプ氏を4%ポイントリード=世論調査
2016年9月25日 / 22:51 / 1年前

クリントン氏支持率、トランプ氏を4%ポイントリード=世論調査

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ロイター/イプソスが23日公表した米大統領選の世論調査によると、民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官の支持率は41%となり、共和党候補ドナルド・トランプ氏の37%を4%ポイントリードした。

 9月23日、ロイター/イプソスが公表した米大統領選の世論調査によると、民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官の支持率は41%となり、共和党候補ドナルド・トランプ氏の37%を4%ポイントリードした。写真はクリントン氏の演説を聞く有権者ら。オーランドで21日撮影(2016年 ロイター/Carlos Barria)

調査は9月16─22日、投票に行く可能性の高い有権者を対象に実施した。これまでの調査ではクリントン氏の支持率はトランプ氏をおおむね上回っているが、全国党大会後はその差が徐々に縮まっている。

11月8日の投票日まであと6週間に迫る中、大統領候補による第1回テレビ討論会が26日、ニューヨークの大学で開かれる。誰に投票するかまだ決めていない有権者にアピールする絶好のチャンスとなる。

ロイター/イプソス調査では、クリントン氏とトランプ氏のいずれも支持しないとの回答は22%となった。こうした層は、どちらかと言えばトランプ氏寄りと見られるが、トランプ氏に投票すると回答するには至っていない。リバタリアン党から立候補しているゲーリー・ジョンソン氏や、緑の党のジル・スタイン候補らに票が流れる可能性もある。

小政党の候補も加えた世論調査によると、支持率はクリントン氏39%、トランプ氏37%、ジョンソン氏7%、スタイン氏2%だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below