Reuters logo
米大統領選、ルビオ議員がトランプ氏への個人攻撃を後悔
2016年3月10日 / 07:43 / 2年後

米大統領選、ルビオ議員がトランプ氏への個人攻撃を後悔

 3月9日、米大統領選で共和党指名を目指すマルコ・ルビオ上院議員(写真)(フロリダ州、44)は、不動産王ドナルド・トランプ氏を個人攻撃したことを後悔していると述べた。フロリダ州で8日撮影(2016年 ロイター/Steve Nesius)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米大統領選で共和党指名を目指すマルコ・ルビオ上院議員(フロリダ州、44)は9日、不動産王ドナルド・トランプ氏を個人攻撃したことを後悔していると述べた。フォックス・ニュース主催のタウンホールイベントで述べた。

この戦略は功を奏さなかったほか、同議員はここ数週間の個人攻撃をめぐり、批判の矢面に立たされている。

ルビオ議員はトランプ氏を詐欺師と表現したほか、手が小さいと発言。トランプ氏はこれを、男性器の大きさになぞらえたと解釈した。それまでルビオ議員はこうした論争には加わらず、政策面からのトランプ氏批判に終始していた。

ルビオ議員はフォックス・ニュースの番組で、もう一度機会があれば、異なった方法を取ったとし「あれは本来の私の姿ではない。私の選挙キャンペーンが焦点を合わせる問題でもない」と述べた。

8日の予備選などでルビオ氏の成績は振るわず、15日に地元フロリダ州で勝利できなければ選挙戦撤退を迫られるとみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below