Reuters logo
トランプ氏、世界的な通貨安の動き批判 米国にとって「危険」
2016年3月11日 / 02:31 / 2年前

トランプ氏、世界的な通貨安の動き批判 米国にとって「危険」

 3月10日、米大統領選の共和党指名争いでトップを走る不動産王のドナルド・トランプ氏は、世界的な通貨安の動きについて、米経済にマイナスの影響を及ぼし、国内の雇用減少につながる、などとして強く批判した。写真はノースカロライナ州で9日撮影(2016年 ロイター/Jonathan Drake)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米大統領選の共和党指名争いでトップを走る不動産王のドナルド・トランプ氏は10日、世界的な通貨安の動きについて、米経済にマイナスの影響を及ぼし、国内の雇用減少につながる、などとして強く批判した。

CNBCで述べた。欧州中央銀行(ECB)が10日決定した追加緩和について聞かれると、トランプ氏は、米国から製造業などの職が流出することを意味すると指摘。「座視するのは非常に危険」と述べた。

そのうえで、通貨安誘導よりも効果的なのは、中国など米国外で生産され、米国内で販売される製品に税金をかけることだ、と主張した。

「私は中国とはビジネス上の関係が深いが、中国の取引先も(通貨安などが)容認されるのは信じられない、と言っている」としている。

トランプ氏は、「公平」である限りは、自由貿易を支持する、としたが、通商交渉において米国はつけ込まれている、との認識を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below