Reuters logo
バランスシート縮小開始を、低金利は維持=セントルイス連銀総裁
2017年3月24日 / 14:30 / 6ヶ月前

バランスシート縮小開始を、低金利は維持=セントルイス連銀総裁

[24日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は24日、インフレ率と失業率を現在の水準に維持するため金利を低水準にとどめる中でも、バランスシートの縮小に着手すべきとの考えを示した。

総裁は「将来の景気悪化局面でバランスシート政策に頼らざるを得ない事態に備え、比較的良い時期にある今、バランスシートの自然な正常化を始めるべきだ」と述べた。

インフレ率は米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%にほぼ達しており、失業率はFRBが完全雇用と考える水準近くにあると指摘。成長率が2%程度の中、低金利を維持することでこれらの水準を持続することができるとした。またバランスシートの縮小を開始することで、利回り曲線の一段と「自然な」調整が可能になるとした。

一方で、FRBは財政政策に関しては様子見姿勢を取ることが可能と指摘。財政政策は、低迷する生産性の向上につながれば、成長を押し上げることができるとした。

ブラード総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持っておらず、FRB内の主流派とも意見が異なる。また米経済の成長軌道が著しく変化しない限り、FRBが追加利上げを行う必要はないとの立場を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below