Reuters logo
米FRBの想定利上げペース、速過ぎる公算=セントルイス連銀総裁
2017年5月19日 / 13:43 / 5ヶ月前

米FRBの想定利上げペース、速過ぎる公算=セントルイス連銀総裁

[セントルイス 19日 ロイター] - 米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米経済には足元で弱含みの兆候が出ているとし、米連邦準備理事会(FRB)が見込む利上げペースは速すぎる可能性があるとの認識を示した。

FRBが3月に利上げして以降、インフレ統計は鈍化しており、長期国債の利回りも低下したと指摘した。

FRBは年内あと2度の利上げを見込んでいるが、ブラード総裁は「米マクロ経済動向に関するデータに対し、過度に積極的過ぎる」可能性があるとした。

「総じて、米マクロ経済指標は3月の会合以降、比較的弱めだ」とし、「米インフレとインフレ見通しはここ数カ月、予想外に下振れ方向で、労働市場の改善も減速した」と述べた。

ブラード総裁は、米経済が低インフレ、低成長の軌道にとどまっているとの立場で、FRBはあと1回利上げし、その後は経済がこうした低迷から脱却し、改善が明確になるまで利上げを停止できるとの考えをこれまで示している。

トランプ政権の混乱による影響などについて言及しなかった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below