Reuters logo
米債券購入縮小を個人的に急がず、あと数回のFOMC開催望ましい=シカゴ連銀総裁
2013年11月19日 / 20:32 / 4年前

米債券購入縮小を個人的に急がず、あと数回のFOMC開催望ましい=シカゴ連銀総裁

[シカゴ 19日 ロイター] - エバンズ米シカゴ地区連銀総裁は19日、連邦準備理事会(FRB)は恐らく来年3月まで、債券買い入れプログラムの縮小に着手することを待つことが望ましいとの見解を示した。

エバンズ総裁は記者団に対し「個人的には、債券買い入れペースの縮小を急いでいない」とし、「労働市場の改善が持続可能であると一段の確証が持てるまで、あと数回(a couple more)、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催することが望ましいだろう」と語った。 

次回のFOMCは12月、その後は1月、3月に開催される。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below