Reuters logo
インフレ動向で後手に回ること懸念=米フィラデルフィア連銀総裁
2016年9月29日 / 12:06 / 1年前

インフレ動向で後手に回ること懸念=米フィラデルフィア連銀総裁

[ダブリン 29日 ロイター] - 米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は29日、米連邦準備理事会(FRB)が早期に金利正常化を行わなければ、インフレ動向に関して後手に回ることになるリスクがあるとの見解を示した。

総裁はブルームバーグ・テレビとのインタビューで「コア・インフレ率は2%の目標に向かっていると思う」と述べた。「この水準を早く達成できると確信している」とし、「後手に回ることを懸念している」と述べた。

総裁は、金利正常化の道筋は緩やかになると予想。米連邦準備理事会(FRB)が12月に利上げを実施するかどうかはまだ明確でないと述べ、11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)も無視されるべきではないとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below