Reuters logo
米FRBは緩やかに利上げを、景気後退回避すべき=ダラス連銀総裁
2017年3月28日 / 19:47 / 6ヶ月前

米FRBは緩やかに利上げを、景気後退回避すべき=ダラス連銀総裁

3月28日、米ダラス地区連銀のカプラン総裁はFRBは積極的な利上げで米景気の腰を折らないよう注意する必要があると述べた。写真は2014年10月、ワシントンのFRBビル前で撮影(2017年 ロイター/lGary Cameron)

[ダラス(米テキサス州) 28日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は28日、米連邦準備理事会(FRB)は積極的な利上げで米景気の腰を折らないよう注意する必要があるとの認識を示した。

総裁は講演で「金融緩和を緩やか、かつ忍耐強く解除することは健全だ」とし、利上げを急ぎすぎればリセッション(景気後退)を招く恐れがあるとの認識を示した。

総裁は中国について、米経済に影響を及ぼすため、動向を注視していると指摘。中国当局は人民元を買い支えており、通貨変動を許容することに慣れる必要があると述べた。

また欧州連合(EU)、および通貨ユーロの存続が世界にとり利益になるとの認識を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below