Reuters logo
ストレステスト変更を検討、大手行の資本要件厳しく=米FRB議長
2016年9月28日 / 14:27 / 1年前

ストレステスト変更を検討、大手行の資本要件厳しく=米FRB議長

[ワシントン 28日 ロイター] - イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は、年次ストレステスト(健全性審査)を変更するとともに、結果を受けて銀行の資本バッファー要件を設定することを検討していると明らかにした。

下院金融サービス委員会での証言原稿で明らかにした。経済や金融政策の見通しに関する言及はなかった。

審査手法やプロセスに関し複数の変更を検討しており、現行の資本保全バッファーについては、今後は「テスト結果に基づき、各行ごとのリスク度合いに応じたバッファー水準を設定する」としている。

これに伴い、国際金融システム上重要とされる米銀大手8行については、資本要件がかなり厳しくなるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below