Reuters logo
〔情報BOX〕イエレン米FRB議長のロンドンでの主な発言
2017年6月27日 / 23:27 / 3ヶ月前

〔情報BOX〕イエレン米FRB議長のロンドンでの主な発言

[ロンドン 27日 ロイター] - イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長のロンドンでのイベントにおける主な発言は以下の通り。

・最近のストレステスト、主要銀行の資本基盤がより強固になったことを示している。

・次の金融危機がわれわれの時代に起きるとは考えていない。

・金融危機が再び起きることはないとは言えないが、われわれ(を取り巻く環境)はずっと安全になった。

・金融規制を緩和するのは良い事ではないだろう。

・規制当局は、規制される側にかかる負担を考慮すべき。

・テクノロジーとグローバリゼーションは米国の住民の大部分にかなりの害を及ぼしている。

・生産性の伸びは鈍化している。

・貿易は世界経済全体の所得を押し上げたが、グローバリゼーションから取り残された人の支援に苦労している。

・われわれは物価の安定にコミットしている。

・失業率が低く、大半の同僚が持続可能とみなす水準を下回っているとしても、インフレ率は引き続きわれわれの目標を下回っている。

・われわれはインフレ期待を注意深く見ている。

・われわれはインフレについて一貫したストーリーは持っていない。

・われわれは米国の政策が他国に及ぼす影響にかなり注目している。

・多くの新興国は以前よりもかなり強固になっており、波及効果への耐性が増している。

・われわれが政策を正常化する中、金利が低水準にとどまると考える理由は多い。

・資産のバリュエーションは幾分高い。

・標準的な指標によれば、一部の資産バリュエーションは高いと思える。この考えに確実性があるわけではない。

・われわれは段階的に金利を引き上げるのが適切と考えている。

・われわれはバランスシートを段階的に、かつ予見可能な方法で縮小していく方針だ。

・われわれは資産価格を目標とはしない。

・金融システムの健全性はわれわれの見解にとって非常に重要。

・われわれは多くの流動性を持ち、資本基盤がしっかりしている強固な銀行セクターを抱えている。

・欧州連合(EU)離脱後も、英国とEUの非常に深い結び付きをできるだけ維持したいとの願いがあると期待している。

・トランプ米大統領との関係についてはコメントせず。

・米財務省とFRBは良好な関係を持つのが伝統であり、私はムニューシン米財務長官とそうした伝統を維持している。

・米財務省からのFRBの独立を尊重している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below