Reuters logo
米ガソリン平均価格、7年ぶりの低水準=調査会社
2016年1月25日 / 03:10 / 2年前

米ガソリン平均価格、7年ぶりの低水準=調査会社

 1月24日、米調査会社ランドバーグが24日発表した調査結果によると、22日時点の米国のガソリン(レギュラー)平均価格は1ガロン=1.91ドルで、7年ぶりの低水準となった。写真はバージニアで2014年12月撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米調査会社ランドバーグが24日発表した調査結果によると、22日時点の米国のガソリン(レギュラー)平均価格は1ガロン=1.91ドルで、7年ぶりの低水準となった。2週間前と比べ、0.14ドル下落した。

調査をまとめたトリルビー・ランドバーグ氏によると、ガソリン平均価格は1.86ドルをつけた2009年1月23日以来の低水準となった。

最新価格は原油急落を背景に、前年比で0.16ドル下落したが、同氏によると、22日のような相場反発が続けば、今回が下げ止まりとなることが考えられるという。

「再度下落しなければ、下げ止まりとなるだろう。ここから、相場の回復に力強さが見られれば、平均価格の上昇にもつながりうる」と述べた。

22日の10%の相場反発前のランドバーグによる調査期間中、原油価格は2003年来の低水準まで下落した。長期にわたった原油市場の混乱がやっと終了するとみた投資家が、記録的なショートポジションを手じまいしたことが要因。

調査対象となった全米48州の大都市で、ガソリンの最低平均小売価格はオクラホマ州タルサ市の1ガロン=1.48ドルで、最高価格はロサンゼルスの1ガロン=2.80ドルだった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below