Reuters logo
米政府、FDA長官にゴットリーブ氏指名 新薬承認の簡素化提唱
2017年3月10日 / 22:37 / 6ヶ月前

米政府、FDA長官にゴットリーブ氏指名 新薬承認の簡素化提唱

 3月10日、トランプ米大統領は、米食品医薬品局(FDA)の新長官に、元副長官で新薬承認手続きの簡素化を提唱してきたスコット・ゴットリーブ氏(44)を指名した。ホワイトハウスが発表した。アメリカン・エンタープライズ・インスティテュート提供写真(2017年 ロイター)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は、米食品医薬品局(FDA)の新長官に、元副長官で新薬承認手続きの簡素化を提唱してきたスコット・ゴットリーブ氏(44)を指名した。ホワイトハウスが発表した。

トランプ氏が目指す食品・医薬品の抜本的規制緩和に向けた取り組みの指揮を取ることになる。

ゴッドリーブ氏は現在、保守系シンクタンク、アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所のレジデント・フェロー。大型ベンチャー・キャピタル・ファンドのパートナーでもある。これまで新薬承認の要件緩和を訴えてきた。

同氏は、過去に何度も医薬品価格を含む医療関連の問題で議会証言を行ったことがあり、製薬会社や製薬会社の株主に好意的に見られている。また、複数の小規模な製薬・バイオ会社の役員を務めており、英製薬グラクソ・スミスクライン(GSK.L)の顧問でもある。

ロバート・W・ベアードのアナリストは調査ノートで、「ゴットリーブ氏でよかった」と指名を歓迎。製薬業界にとって「好ましい」と評価した。

ゴットリーブ氏は指名についてコメントを控えた。長官就任後は臨床試験に関する審査で柔軟性を拡大するなど、FDAに変革をもたらすとみられる。また、同氏の目指す改革は、米議会で最近成立した、新薬承認審査の迅速化などを盛り込んだ「21世紀の治療法」の方向性と一致する見通し。

今後の優先課題には、複雑で複製が難しい医薬品の後発薬を承認する手続きの簡素化が含まれる可能性が高い。ゴットリーブ氏はこれまで、そのような後発薬の承認でFDAは有効な手段あるいは方針が欠如していると発言し、異なる承認基準の策定を訴えてきた。

ミズホ・セキュリティーズUSAがまとめた調査によると、医薬品会社53社の幹部の72%がゴットリーブ氏のFDA局長就任を歓迎する意向を示している。

*内容とカテゴリーを追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below