Reuters logo
米上院、ハガティ氏の駐日米大使就任を承認
2017年7月13日 / 23:19 / 2ヶ月前

米上院、ハガティ氏の駐日米大使就任を承認

 7月13日、米議会上院は次期駐日大使に投資会社創業者のウィリアム・ハガティ氏(写真)が就任することを、賛成多数(86対12)で承認した。5月撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米議会上院は13日、次期駐日大使に投資会社創業者のウィリアム・ハガティ氏が就任することを、賛成多数(86対12)で承認した。ハガティ氏はテネシー州出身のビジネスマンで、投資会社ハガーティー・ピーターソンの創業者。

ボストン・コンサルティング・グループに勤務した際に日本に数年間駐在し、その後ブッシュ(父)政権でホワイトハウスのスタッフを務めた経験がある。

ハガティ氏は故ジョン・F・ケネディ元米大統領の娘で弁護士のキャロライン・ケネディ氏の後任となる。キャロライン・ケネディ氏は2013年からトランプ政権が発足した2017年1月まで駐日大使を務めた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below