Reuters logo
米アップル、日中最高値2年ぶりに更新 次期iPhoneに期待
2017年2月14日 / 23:09 / 8ヶ月前

米アップル、日中最高値2年ぶりに更新 次期iPhoneに期待

 2月14日、米国株式市場で、アップルがほぼ2年ぶりに日中最高値を更新した。10周年記念モデルとされる次期「iPhone(アイフォーン)」が、低迷気味の販売を大きく押し上げるとの期待が高まっている。ニューヨークの五番街で2015年7月撮影(2017年 ロイター/Mike Segar/File Photo)

[サンフランシスコ 14日 ロイター] - 14日の米国株式市場で、アップル(AAPL.O)がほぼ2年ぶりに日中最高値を更新した。10周年記念モデルとされる次期「iPhone(アイフォーン)」が、低迷気味の販売を大きく押し上げるとの期待が高まっている。

株価は2015年4月28日につけたこれまでの記録である134.54ドルを上抜け、一時135.09ドルまで上昇。1.3%高の135.02ドルで取引を終えた。

アップルの株価は昨年前半につけた安値から50%上昇し、年初来では16%値上がりしている。次期「iPhone8」が大幅な改良を加えたモデルになることが期待されている。

投資家の間では、2年前に発売された「iPhone6S」の販売が好調だったことから、「iPhone8」への買い替え需要が通常を上回るとの見方もある。

コーナーストーン・フィナンシャル・パートナーズの共同創設者ジェフ・カーボーン氏は「(アップル株を)保持し、買うチャンスをうかがっている」と述べた。また「消費者心理が改善し、支出が拡大している」とし、「アップルからはまだ多くの好材料が期待できる」との見方を示した。

アップルが1月に発表した10─12月決算は力強い内容となった。1─3月の業績について同社は慎重な見方を示したが、アナリストは2016年度に8%近く減少した売上高が、今年度は増加に転じると予想している。

トムソン・ロイター・データストリームによると、アップルの予想株価収益率は直近で14.3倍と、2015年4月以来の高水準にあり、過去5年の平均株価収益率である12倍を大きく上回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below