Reuters logo
米レポ金利が急低下、第4四半期開始で融資増加
2016年10月3日 / 15:12 / 1年前

米レポ金利が急低下、第4四半期開始で融資増加

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 第4・四半期最初の取引となった3日の米短期金融市場で、レポ金利が8年ぶりの高水準から大幅低下した。新たな四半期を迎え、貸し出しが増加している兆候を示した。

ICAPのデータUSONRP=GCMNによると、レポ金利は直近で0.30─0.40%。前週末の9月30日には1.75%まで上昇していた。資本要件を満たすため、四半期末を前に抑制していた融資を再開する動きが活発化した。

ドイツ銀行(DBKGn.DE)が米司法省と和解金の減額で合意間近とAFPが前週末報じたことで、同行をめぐる財務不安が和らいだことも背景にある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below