Reuters logo
米共和党、オバマケア廃止法案を発表
2017年3月7日 / 03:09 / 7ヶ月前

米共和党、オバマケア廃止法案を発表

 3月6日、米下院の共和党議員らは、低所得者向け医療費補助制度の拡張などを含む医療保険制度改革法(オバマケア)を廃止する法案を発表した。写真は政府へ提出する保険申請書。ミシシッピー州ジャクソンのオバマケア支持者の結集会で2013年10月撮影(2017年 ロイター/Jonathan Backman)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米下院の共和党議員らは6日、低所得者向け医療費補助制度の拡張などを含む医療保険制度改革法(オバマケア)を廃止する法案を発表した。

トランプ米大統領や共和党議員らはオバマケアの撤廃と代替案との入れ替えについて繰り返し言及してきた。同法案が連邦議会を通過するのに十分な支持を得ているかどうかは現時点で不明。次は上下院の委員会で検討される。

同法案によると、オバマケアで拡張した医療費補助制度への登録を2020年1月1日に凍結する。同制度拡張を実施した州では、19年末まで保険購入者の登録を認め、政府からの補助金を受け取ることができるが、法案通過後は補助金が制限される見通し。

オバマケアでは補助金に所得制限があったが、同法案では代わりに年齢に応じた税還付制度を導入する予定。高所得者層には上限を設けるという。

同法案ではオバマケアが課した税金のほとんどを18年1月に廃止するほか、保険購入を強いられている個人や事業者に対するペナルティを即時撤廃する見通し。ただ事業主が支払う健康保険における税控除については上限を設けないとしている。

米下院歳入委員会のケビン・ブレイディ委員長は声明で「同法案は米国民が米政府から活力を取り戻すきっかけになる」との見方を示した。

米民主党はオバマケアの撤廃により米国の医療保険制度全体が大混乱に陥るリスクを警告。オバマケアは約2000万人の無保険者を医療保険に加入させた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below