Reuters logo
第3四半期の米オフィス賃貸市場、空室率は16.9%と高止まり=調査会社
2013年10月2日 / 06:54 / 4年前

第3四半期の米オフィス賃貸市場、空室率は16.9%と高止まり=調査会社

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米不動産調査会社レイスが発表した米オフィス賃貸市場に関するリポートによると、第3・四半期の回復ペースは緩やかだった。雇用創出が弱いことが引き続きオフィス需要の低迷につながっているという。同四半期の全米の空室率は16.9%と、前期比で0.1%ポイント低下。前年比では0.3%ポイントの低下にとどまった。

レイスはリポートで「オフィスを使用する雇用はなかなか増えておらず、オフィス需要も依然として弱い」と説明。「空室率の低下ペースを速くするためオフィス需要を増やすには、雇用が大幅に増える必要がある」との見方を示した。

空室率が高止まりしているため、第3・四半期の賃料上昇率は前期比0.3%にとどまったという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below