Reuters logo
アングル:米企業決算に英EU離脱の影、影響読みきれず
2016年7月22日 / 07:06 / 1年前

アングル:米企業決算に英EU離脱の影、影響読みきれず

 7月22日、米国企業は、ブレグジット決定後初の決算発表シーズンを迎えているが、これまでのところ、ブレグジットが業績の重しとなるリスクを認める企業が目立っている。写真はソウルで2013年1月撮影(2016年 ロイター/Lee Jae Won)

[サンフランシスコ/ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国企業は、ブレグジット(英国のEU離脱)決定後初の決算発表シーズンを迎えているが、これまでのところ、ブレグジットが業績の重しとなるリスクを認める企業が目立っている。

ただ、現時点では影響を読みきれないという声が多い。

ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)、ヤム・ブランズ(YUM.N)、フェデックス(FDX.N)は、ブレグジットが業績を圧迫する要因になると予想。6月下旬以降に決算発表の電話会議を開いたS&P500種採用企業63社中38社が、ブレグジットに言及した。

GMはブレグジット決定を受けて欧州で最大4億ドルのコスト削減を検討していると表明。チャック・スティーブンス最高財務責任者(CFO)は「ポンド相場に悪影響が出ている。英国の自動車産業は不透明感に揺れている」と述べた。

先週決算を発表したデルタ航空(DAL.N)も、ポンド安とブレグジット決定を受けた先行き不透明感を踏まえ、米英間の路線の輸送能力を削減すると表明。

フェデックスも、ブレグジットで世界経済が低迷するリスクがあるとし、自社のサービスの需要が減り、新たな通商規制が導入される恐れがあるとの見方を示した。

消費財のヘレン・オブ・トロイ(HELE.O)も、為替差損のリスクに言及した。

S&Pダウ・ジョーンス・インデックスによると、S&P500採用企業は、全体で売り上げの8%を欧州で稼いでいる。英国での売上高の比率は1.9%だ。

英国のEU離脱プロセスは数年かかるため、現時点でブレグジットの影響はないと予想している企業も、今後見方を変える可能性がある。

アナリストの間では、ブレグジットの悪影響が出てくるのは、数カ月後ではなく、数年後になるとの見方が多い。

FiREappsは今週まとめたリポートで、ブレグジットに伴う為替変動だけで、欧米企業が350億━400億ドルの損失を今後数四半期で被る恐れがあるとの見方を示した。

<悪影響乗り切れる企業も>

ただ、ブレグジットの悪影響を予想しても、業績が悪化するとは限らない。

ヤム・ブランズは、ブレグジット関連の為替差損で年内の最終損益に5000万ドルの悪影響が出ると予想しているが、同社の株価は中国事業への期待から上昇が続いている。

コスト削減の検討を表明したGMも、年内の全体の見通しについては上方修正する方針だ。

ブレグジットの影響は軽微と予想する企業も少なくない。

IBM(IBM.N)は、今年の業績への影響はないと分析。ハリバートン(HAL.N)も劇的な影響ないとの見方を示した。

ドル指数.DXYは先月23日の英国民投票以降、3.7%上昇したが、年初来ではまだ1.7%の下落となっている。

大半の企業は、どのような形で影響が出てくるか、状況を見極めている状態にある。

TEコネクティビティ(TEL.N)のトム・リンチ会長兼最高経営責任者(CEO)は「地球上の誰もと同じく、本当に影響が出るのか、様子を見守っている段階だ」とコメントした。

Noel Randewich and Caroline Valetkevitch記者、翻訳:深滝壱哉、編集:吉瀬邦彦

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below