Reuters logo
全米各地のユダヤ人施設で爆弾騒ぎ、脅迫電話で避難
2017年2月21日 / 07:34 / 7ヶ月前

全米各地のユダヤ人施設で爆弾騒ぎ、脅迫電話で避難

[ミルウォーキー 20日 ロイター] - ヒューストンやシカゴ、ミルウォーキーなどの全米各地の11のユダヤ人コミュニティーセンター(JCC)に20日、爆弾を仕掛けたとの脅迫電話があり、建物内にいた人たちが避難した。北米JCC連盟で治安問題顧問を務めるデビッド・ポスナー氏が明らかにした。

電話は後にいたずらと判明。逮捕者や負傷者はいない。

ポスナー氏によると、米連邦捜査局(FBI)が事件を捜査しているという。FBI当局者はコメントの求めに応じてない。

ウィスコンシン州ミルウォーキー北部のJCC当局者は、現地時間午前10時15分に脅迫電話を受け、こうした事件は過去3週間で2回目とツイッターに投稿した。

北米JCC連盟によると、爆弾騒ぎは2017年に全米27州の54のJCCで計69件発生したほか、カナダでも1件報告されているという。

JCCは、課外活動やフィットネス・プログラムなど様々なプログラムを提供している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below