Reuters logo
米株価指数先物が下落、北朝鮮のミサイル発射など受け
2017年3月6日 / 02:55 / 7ヶ月前

米株価指数先物が下落、北朝鮮のミサイル発射など受け

 3月6日、米株価指数先物価格が下落している。北朝鮮による弾道ミサイルの発射や、トランプ米大統領が昨年の大統領選中にオバマ前大統領がトランプ氏の電話を盗聴したと主張していることが背景。写真はニューヨークで昨年12月撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[6日 ロイター] - 米株価指数先物価格が下落している。北朝鮮による弾道ミサイルの発射や、トランプ米大統領が昨年の大統領選中にオバマ前大統領がトランプ氏の電話を盗聴したと主張していることが背景。

米株価は過去最高値圏に上昇しており、先週はダウ工業株30種平均が初めて2万1000ドルを突破した。

また、S&P総合500種株価指数は昨年11月のトランプ氏の大統領選勝利以降、11.4%上昇している。

投資家はトランプ大統領の税制改革やインフラ支出などの経済政策に期待を寄せているが、市場では歴史的に割高な株価に対する警戒感も出ている。

トムソン・ロイターのデータによると、S&P総合500種の予想株価収益率は約18倍で、長期平均の15倍を上回っている。

トランプ大統領はツイッターで4日、オバマ前大統領がトランプ氏のニューヨークにある選挙本部トランプタワーで電話を盗聴するよう指示したと主張した。ただ、盗聴の証拠は示していない。

北朝鮮は6日朝、同国西岸から弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射した。3発は日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したとみられる。

直近のEミニS&P500EScv1は8.00ポイント(0.34%)安。

Eミニナスダック100NQcv1は14.75ポイント(0.27%)安。

Eミニダウ1YMcv1は56ポイント(0.27%)安。

*本文中の誤字を修正しました

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below