Reuters logo
8月米雇用統計などの指標に注目=今週の米株市場
2016年8月28日 / 22:36 / 1年前

8月米雇用統計などの指標に注目=今週の米株市場

[サンフランシスコ 26日 ロイター] - 29日に始まる週の米国株式市場では、8月の米雇用統計などの各種経済指標が注目されている。結果次第では米追加利上げの時期をめぐる観測が変わり、過去最高値を記録した株式相場が大きく変動する可能性がある。

 8月29日、今週の米国株式市場では、8月の米雇用統計などの各種経済指標が注目されている。NY証取で25日撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は、ワイオミング州ジャクソンホールでの年次経済シンポジウムで「利上げへの論拠が強まってきた」と発言した。

プルデンシャル・ファイナンシャルのマーケットストラテジスト、クインシー・クロスビー氏は、イエレン議長は市場に追加利上げを意識させたとし、8月の米雇用統計に注目が集まっていると指摘した。

ロイターがまとめたエコノミスト調査によると、8月の非農業部門雇用者数は18万人増加が見込まれている。7月は25万5000人増加した。失業率は4.8%に改善すると見込まれている。

29日には米個人所得・個人支出、30日には消費者信頼感指標、1日には8月米自動車販売台数が発表される。

S&P総合500種は26日、5営業日連続で下落したが、今月つけた過去最高値よりも1%安の水準にとどまっている。

バンク・オブ・モントリオールのグローバル・アセット・マネジメント部門のシニア・インベストメント・ストラテジスト、ジョン・アダムス氏は、消費者信頼感や雇用の堅調が指標で示されれば、現在の株式相場が下支えされる、との見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below