Reuters logo
10代の飲酒や薬物使用、減少傾向続く=米国立衛生研究所
2016年12月13日 / 10:32 / 9ヶ月前

10代の飲酒や薬物使用、減少傾向続く=米国立衛生研究所

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米国で10代のアルコールや大麻、違法薬物などの使用が、2016年も引き続き減少したことが分かった。米国立衛生研究所(NIH)が13日、報告書を発表した。減少傾向は長期にわたり続いているという。

一方、高校の上級生の大麻使用に関しては、2015年とほぼ同じ水準にとどまった。過去1カ月以内に少なくとも1回は吸引や摂取をしたことがあるとの回答は22.5%、さらに6%は日常的に使用すると答えた。

喫煙に関しては、1日に半箱以上を吸う高校上級生の割合は1.8%。1991年は10.7%だった。

調査は、372校の公立・私立学校の4万5473人を対象に行われた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below