Reuters logo
米国務長官、エクソン在籍時に偽名のメールアドレス使用=州司法省
2017年3月14日 / 02:46 / 6ヶ月前

米国務長官、エクソン在籍時に偽名のメールアドレス使用=州司法省

 3月13日、米ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は、ティラーソン米国務長官が会長兼最高経営責任者(CEO)を務めたエクソンモービル在籍時に、偽名の電子メールアドレスを利用していたと明らかにした。写真は10日ワシントンで撮影(2017年 ロイター/ Kevin Lamarque)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は13日、ティラーソン米国務長官が会長兼最高経営責任者(CEO)を務めたエクソンモービル(XOM.N)在籍時に、偽名の電子メールアドレスを利用していたと明らかにした。

州司法省が裁判所に宛てた書簡によると、ティラーソン氏は「ウェイン・トラッカー」という偽名で2008─2015年まで電子メールをやり取りしていたという。

エクソンを巡っては、気候変動問題について株主や市民に誤った認識を与えた疑惑で同省が捜査しているが、書簡はこの問題を管轄する判事に送られた。

同社の広報担当は13日、このアドレスが同社の電子メールシステムにあり、一部の幹部らと元会長がやり取りしたメールは保存措置を取ったと説明。州司法省の求めで250万ページに上る資料を提出したと明らかにした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below