Reuters logo
NAFTA、終わらせるつもりだったが考えを変えた=米大統領
2017年4月28日 / 04:54 / 6ヶ月前

NAFTA、終わらせるつもりだったが考えを変えた=米大統領

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、北米自由貿易協定(NAFTA)について、終わらせるつもりでいたが、カナダとメキシコの首脳から再交渉の要請を受けて考えを変えたことを明らかにした。

ロイターとのインタビューで語った。

一方、交渉が「真剣なものにならなければ」再び方針を転換し、撤退することをためらわないと強調した。

これまでのスタンスについて「NAFTAを終わらせる用意があったし、終わらせることにとらわれていた」と発言。特にウィスコンシン州の農業従事者からカナダの新規制で乳製品の輸出が厳しくなっている状況を聞いた後、終わらせた方がいいと考えたという。

しかし離脱の大統領令の準備が進められている際、メキシコのペニャニエト大統領とカナダのトルドー首相から再交渉を促す電話を受けて考えを変えたと明らかにした。

「カナダとメキシコを傷つけるつもりはない。両国とも大好きな国だ。再交渉を要請され、受け入れた」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below