Reuters logo
米国の金融規制緩和の動きは危険=仏中銀総裁
2017年2月8日 / 14:14 / 8ヶ月前

米国の金融規制緩和の動きは危険=仏中銀総裁

[パリ 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのビルロワドガロー仏中銀総裁は8日、世界的な金融危機後に法制化された銀行規制を米国が緩和しようとすれば極めて危険との認識を示した。BFMビジネスラジオに対し述べた。

総裁は「米国が緩和したいとの衝動にかられ、2007年以前の状況に戻ろうといった動きが出れば、危険であり、理想的でないことは明白」と述べた。

トランプ米大統領は先週、世界的な金融危機の再発を防ぐために制定された金融規制改革法(ドッド・フランク法)の見直しを指示。現在最終的な取りまとめが行われている新たな国際金融規制が台無しになるとの懸念が当局者から浮上している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below