Reuters logo
ダライ・ラマ、トランプ氏を訪問する意向表明
2016年11月24日 / 05:21 / 10ヶ月前

ダライ・ラマ、トランプ氏を訪問する意向表明

 11月24日、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は23日、訪問先のモンゴルの首都ウランバートルで、ドナルド・トランプ次期米大統領を訪問する意向を示した。写真は20日、訪問先のモンゴル・ウランバトルで撮影(2016年 ロイター/B.Rentsendorj)

[ウランバートル 24日 ロイター] - チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は23日、訪問先のモンゴルの首都ウランバートルで、ドナルド・トランプ次期米大統領を訪問する意向を示した。

米大統領選について問われたダライ・ラマは、米国は「自由世界をリードする国」との認識を示した上で、トランプ氏は「選挙戦では自由に発言していたようだ」が、選ばれた後は「現実に即したビジョンを示し、実行する必要がある」と述べた。

オバマ米大統領は6月、ホワイトハウスでダライ・ラマと会談した。これに先立ち、中国は、会談が米中関係を大きく損なうとけん制していた。

中国は、モンゴルがダライ・ラマの訪問を認めたことも激怒。モンゴル外務省は国営モンツァメ通信への声明で、ダライ・ラマの訪問に政府は無関係で、訪問は仏教界がアレンジしたものだと述べていた。

ダライ・ラマが2006年にモンゴルを訪問した後、中国は、北京とウランバートル間のフライトを短期間キャンセルした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below