Reuters logo
難民・移民制限の米大統領令、NYなど主要都市で数万人が抗議
2017年1月30日 / 05:53 / 9ヶ月後

難民・移民制限の米大統領令、NYなど主要都市で数万人が抗議

[ニューヨーク/ワシントン 29日 ロイター] - トランプ米大統領が署名した難民やイスラム教徒の多い中東・アフリカ諸国からの市民の入国を禁止する大統領令を巡り、ニューヨークやワシントン、ボストンなどの都市や空港で29日、数万人が抗議活動を行った。

この日のデモは、税関国境警備局が大統領令を実行に移し始めた28日に空港で起きた抗議活動に続くもの。

ニューヨークのバッテリー・パークでは推定約1万人が集まり、この日最大規模の抗議活動が行われた。ニューヨーク州選出のチャールズ・シューマー上院議員(民主党)は参加者らを前に、トランプ氏の大統領令は米国の本質的価値に反すると主張し、「この恐ろしい命令が撤回されるまで戦い続ける」と宣言した。

ワシントンでは、警察の推定によると8000人がホワイトハウスから国会議事堂に向かってデモ行進。トランプ大統領が経営に関わる高級ホテル「トランプ・インターナショナル・ホテル」の前で「恥を知れ」と連呼したほか、カナダ大使館を通る際には「私たちのリーダーが、トルドー首相だったら良かったのに」と声をそろえた。カナダのトルドー首相は28日、難民を受け入れる方針をツイッターで示した。

トランプ氏は29日、今後90日間に適切な政策を導入した全ての国に査証(ビザ)の発給を再開すると発表し、声明で「メディアが間違った報道をしているが、(入国管理令は)イスラム教徒の入国禁止ではないことを明確にしておく。宗教ではなく、テロに対応し、わが国を安全にすること」が目的だと強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below