Reuters logo
米大統領友人のストーン氏、ロシアとの関係証言を申し出
2017年3月27日 / 04:44 / 6ヶ月前

米大統領友人のストーン氏、ロシアとの関係証言を申し出

 3月26日、トランプ米大統領の長年の友人で非公式の顧問でもあるロジャー・ストーン氏(写真)は、ABCの番組「ディス・ウィーク」に出演し、昨年の米大統領選へのロシアの関与について証言すると米下院情報委員会に申し出たことを明らかにした。写真はニューヨークで2月撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領の長年の友人で非公式の顧問でもあるロジャー・ストーン氏は26日、ABCの番組「ディス・ウィーク」に出演し、昨年の米大統領選へのロシアの関与について証言すると米下院情報委員会に申し出たことを明らかにした。

ストーン氏によると、同委員会からの回答はまだないという。米大統領選でトランプ陣営の選対本部長を一時務めたポール・マナフォート氏も同様に証言を申し出ている。

1月20日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、両氏は、ロシア当局とのつながりに関する捜査の一環として、米連邦捜査局(FBI)などが通話や金銭的な取引を調べたトランプ氏の関係者に含まれるという。

FBIのコミー長官は先週、下院情報委員会で、トランプ氏の選挙戦とロシアとの間に関連があった可能性について調査していると認めたが、特定の名前を挙げることはなかった。

ストーン氏は同番組で、「ロシアとの接触や結託はない」と強調。「少なくとも私が知る限りでは、ドナルド・トランプ氏の大統領選キャンペーンにおいて、ロシアとの結託は全くない」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below