Reuters logo
シリアのクルド部隊から攻撃あれば反撃、トルコ大統領が米に伝える
2017年5月18日 / 07:28 / 4ヶ月前

シリアのクルド部隊から攻撃あれば反撃、トルコ大統領が米に伝える

 5月18日、トルコのメディアは、エルドアン大統領が今週、ワシントンでトランプ米大統領と会談した際、シリアで活動するクルド人民防衛隊(YPG)から攻撃を受けた場合、独自に行動する方針を示したと伝えた。写真はホワイトハウスで16日撮影。(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[イスタンブール 18日 ロイター] - トルコのメディアは18日、エルドアン大統領が今週、ワシントンでトランプ米大統領と会談した際、シリアで活動するクルド人民防衛隊(YPG)から攻撃を受けた場合、独自に行動する方針を示したと伝えた。

エルドアン大統領の訪米前、トランプ大統領は、シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)と戦っているYPGに武器を供与することを承認。YPGを国内で反政府活動をしているクルド労働党(PKK)傘下のテロ組織とみなすトルコは反発していた。ただ、エルドアン大統領は、会談でそれを直接非難はしなかった。

報道によると、その後、トルコ大使館で会見したエルドアン大統領はYPGに対する懸念を強調し、「われわれが米国側に明確に伝えたのは、もしYPGや(YPGの政治部門である)民主統一党(PYD)から攻撃を受けた場合には誰にも聞かずに戦闘規定を実行する、ということだ」と述べた。

米国は、PKKをテロリスト組織に認定しているが、YPGについては対IS作戦の協力者とみなしている。

エルドアン大統領は、米国がシリアでテロリスト集団と協力することをトルコは健全とは考えていないと米国側に伝えたことを明らかにしたという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below