Reuters logo
米副大統領とトルコ首相、関係改善を協議=関係筋
2017年2月20日 / 03:20 / 7ヶ月前

米副大統領とトルコ首相、関係改善を協議=関係筋

 2月19日、ペンス米副大統領(左)とトルコのユルドゥルム首相(右)が両国関係の改善について協議したと、トルコ首相府の関係筋が明らかにした。写真は第53回ミュンヘン国際安全保障会議で18日撮影。(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[アンカラ 19日 ロイター] - ペンス米副大統領とトルコのユルドゥルム首相が両国関係の改善について協議したと、トルコ首相府の関係筋が明らかにした。ペンス氏とユルドゥルム氏は、独ミュンヘンでの安全保障会議の開催中、関係改善、テロリズムとの戦いでの連携強化、シリアを巡る問題の解決に向けた協力について話し合った。

関係筋によると、ペンス氏はユルドゥルム氏に対し、米政府は両国関係が新たなスタートを切ることに前向きだと述べた。ユルドゥルム氏は、米国在住のイスラム指導者ギュレン師に関するトルコの要請に米国が応じることが、両国関係の新たなスタートにつながると述べたという。

米国とトルコの関係は、昨年7月にトルコで起きたクーデター未遂事件後に悪化。トルコはギュレン師を同事件の首謀者とみなしており、米国にギュレン師の引き渡しを求めている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below