Reuters logo
米議会指導部、1.1兆ドルの予算案で合意
2014年12月10日 / 02:42 / 3年前

米議会指導部、1.1兆ドルの予算案で合意

12月10日、米議会指導部は9日、1兆1000億ドル規模の予算案で合意した。ただ、11日深夜の政府機関閉鎖を回避するためには引き続き応急の措置が必要になるとみられる。写真は、米議会議事堂、4日撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米議会指導部は9日、1兆1000億ドル規模の予算案で合意した。ただ、11日深夜の政府機関閉鎖を回避するためには引き続き応急の措置が必要になるとみられる。

現行の暫定予算の期限切れが迫る中、共和党は、環境、金融デリバティブなど様々な分野の規制緩和を予算案に盛り込んだ。

議会関係者によると、下院では11日に採決が行われる見込みだが、上院の採決が間に合わない場合に備えて、現行の暫定予算を1─2日延長する措置が準備されている。

予算案は国土安全保障省を除く全政府機関の資金を2015年9月まで手当てするもの。同省の資金は来年2月27日までのみ手当てされる。

オバマ米大統領が署名した移民改革に関する大統領令の実施機関である国土安全保障省の予算を短期の延長にとどめることで、共和党は年明けにこの問題で攻勢を強める方針。

現行の暫定予算は米東部時間12日午前0時01分(0501GMT=日本時間同日午後2時01分)に期限を迎える。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below