Reuters logo
今週の米株はFOMCに注目、追加利上げの時期摸索
2016年3月13日 / 22:32 / 2年前

今週の米株はFOMCに注目、追加利上げの時期摸索

 3月11日、14日からの1週間の米株式市場では、米連邦準備理事会(FRB)が開催する連邦公開市場委員会(FOMC)が最大の焦点になる。写真はニューヨーク証券取引所のトレーダー(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 3月14日からの1週間の米株式市場では、米連邦準備理事会(FRB)が開催する連邦公開市場委員会(FOMC)が最大の焦点になる。

最近の経済指標は総じて堅調な内容で、米国がリセッション(景気後退)に向かっているとの懸念が後退。S&P総合500種指数.SPXは2月中旬以降、約11%上昇している。しかし、景気が上向けば、利上げペースの加速につながるため、株価の下押し要因になりかねない。

15─16日のFOMCでは、政策金利が据え置かれるとの予想が大勢となっている。ロイターが実施した直近の調査によると、エコノミストは6月末までに1度、年内にさらに1度の利上げを予想している。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツのウォルター・トッド最高投資責任者(CIO)は「次の利上げがあるのか、それがいつなのか、声明内容の細かい文言を精査することになるだろう」と話している。

経済指標の発表も多い。主だったものは15日の小売売上高と卸売物価指数、16日の消費者物価指数、住宅着工件数、鉱工業生産など。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below