Reuters logo
世界経済分析会合、16日に初会合へ 海外識者ら招へい
2016年3月7日 / 09:59 / 2年前

世界経済分析会合、16日に初会合へ 海外識者ら招へい

[東京 7日 ロイター] - 政府は、安倍晋三首相の意向で設置が決まった「国際金融経済分析会合」の初会合を16日に開催する方針だ。ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大学教授らを招き、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に向け、世界経済の動向を分析する。

 3月7日、政府は、安倍晋三首相の意向で設置が決まった「国際金融経済分析会合」の初会合を16日に開催する方針だ。写真は初会合に出席予定のスティグリッツ米コロンビア大学教授、メキシコで昨年5月撮影(2016年 ロイター/Victor Ruiz Garcia)

複数の政府関係者が7日、明らかにした。現時点で会合は16、17日と連日開催する方向で調整しており、初回会合にジョセフ・スティグリッツ氏、2回会合には米ハーバード大学のデール・ジョルゲンソン教授を招く方向だ。

政府側は安倍首相、麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、石原伸晃経済再生相ら関係閣僚に加え、内閣官房参与の本田悦朗、浜田宏一の両氏、黒田東彦日銀総裁らが出席する。

安倍首相は、5月の伊勢志摩サミットを世界経済の成長に向けた協調の場と位置付け、あらゆる政策手段を動員して「メッセージを発出したい」考え。

会合は経済情勢を議論する場で、具体的な政策は決めない方向だが、政府、与党内では議論の結果が来年4月の消費増税判断に影響するのでは、との見方も出ている。

竹本能文

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below