Reuters logo
W杯=6大会ぶり悲願のドイツ監督、「10年間の努力実った」
2014年7月14日 / 01:37 / 3年前

W杯=6大会ぶり悲願のドイツ監督、「10年間の努力実った」

7月13日、サッカーW杯ブラジル大会の優勝監督となったヨアキム・レーウ監督(中央)は、「10年間の努力が実った」と喜びを語った(2014年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[リオデジャネイロ 13日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は13日、ドイツが6大会ぶり4度目の優勝を飾り幕を閉じた。優勝監督となったヨアキム・レーウ監督(54)は、「10年間の努力が実った」と喜びを語った。

2006年のドイツ大会後に、前任のユルゲン・クリンスマン監督の後を引き継いだレーウ監督は、「50日間の準備期間があったが、これは10年前に始まったプロジェクトだ」とコメント。

延長戦の末、アルゼンチンに1─0で競り勝った指揮官は、「われわれはクリンスマン氏とともに始動し、それを続けた。最大の強みは、優勝までたどりつけなくても成長を続けたことだ」と胸を張った。

2010年の南アフリカ大会まで3大会連続ベスト4以上の成績ながらも頂点が遠かったドイツ。レーウ監督は「過去には落胆した時期もあった。しかし、(今大会で)10年間の努力が実り特別な瞬間を迎えた」と誇らしげに語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below