その他
PR

気候変動でホッキョクグマが共食い始める=調査

2009年 12月 9日 13:49 JST
 
  • Mixiチェック

 [チャーチル(加マニトバ州) 20日 ロイター] 米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマが現れたことなどにより、ホッキョクグマの生息数が減少している。

 11月20日には、カナダのマニトバ州チャーチルから300キロほど北で、オスのホッキョクグマが共食いした子グマの頭部を運ぶ写真も撮影されている。

 
写真

日本株、「最後の良い年」か

2015年は大きな政策イベントがなく、日経平均株価が1万8000円を安定的に維持することはそう容易ではないとBNPパリバの丸山俊氏は分析。  記事の全文 

注目の商品

 11月20日、米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマも現れた。写真はカナダのマニトバ州で(2009年 ロイター)

2014年、最も記憶に残ったニュースを選んでください。 (5つまで選択可)

*統計に基づく世論調査ではありません。 *選択肢の「ソチ五輪で羽生が金、真央は銀」を、「ソチ五輪で羽生が金、真央は6位」に訂正しました。
最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの情報をお届け!