気候変動でホッキョクグマが共食い始める=調査

2009年 12月 9日 13:49 JST
 
  • Mixiチェック

 [チャーチル(加マニトバ州) 20日 ロイター] 米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマが現れたことなどにより、ホッキョクグマの生息数が減少している。

 11月20日には、カナダのマニトバ州チャーチルから300キロほど北で、オスのホッキョクグマが共食いした子グマの頭部を運ぶ写真も撮影されている。


 
 
写真

不参加「デメリットなし」が8割

中国が主導するAIIB。不参加でもデメリットは特に感じないとする日本企業が8割に上ることが、ロイターの調査で明らかに。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

 11月20日、米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマも現れた。写真はカナダのマニトバ州で(2009年 ロイター)
墜落、業績への影響は(字幕・27日)

独旅客機の墜落事故で、機体を故意に降下させた疑いがもたれている副操縦士の健康状態について、新たな事実が判明した。こうした中、事故を起こした独ジャーマンウィングスと親会社ルフトハンザの業績に与える影響が懸念され始めている。  ビデオ 

最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの情報をお届け!