ドイツ、原発停止措置によって電力の純輸入国に=独業界団体

2011年 04月 5日 15:36 JST
 
  • Mixiチェック

 [フランクフルト/ハノーバー 4日 ロイター] ドイツのエネルギー・水道業界団体BDEWは4日、原発の一時停止措置により、ドイツは電力の純輸入国になったことを明らかにした。主な調達先は、フランスとチェコ共和国。

 ドイツでは先月、日本の福島第1原発事故を受けて、80年以前に建設された旧型の原子力発電所7基を少なくとも3カ月停止したのに加え、2基が2007年以来停止、1基が定期点検のため停止している。

 BDEWは、ハノーバーで行われた産業フェアの会合で、先月実施された発電能力7000メガワット(MW)の原子力発電所の停止措置により、ドイツは1日当たり50ギガワット時(GWH)の純電力輸入国となったとし、「フランスとチェコからの電力輸入が倍増した」と述べた。

 フランスは電力の80%を、チェコは約25%を原子力でまかなっている。

 ただBDEWは、今後は現行のシナリオが変わる可能性もあると指摘。「中期的には、たとえば(石炭やガスなどによる)国内の既存設備の活用を拡大するなど、ほかの戦略が実施される可能性がある」と述べた。

 
写真

生き続ける「リーマンの亡霊」

世界的金融危機をもたらしたリーマンショックからは、すでに7年近くが過ぎた。しかし、その余波は、今になってようやく全容が見えつつある。  記事の全文 

注目の商品

 4月4日、ドイツのエネルギー業界団体は、原発の一時停止措置により、ドイツは電力の純輸入国になったことを明らかに。写真はドイツ国内の原発。2日撮影(2011年 ロイター/Michaela Rehle)
写真
金融機関にも調査の手

FIFA副会長含む14人が贈収賄に関与したとして米当局に起訴された問題で、12以上の金融機関も関与の疑い。  記事の全文 | 関連記事 

写真
FIFA内部の闇に挑む

幹部9人の起訴は衝撃だが、決して予想外の事態ではない。  記事の全文 

 
写真
中国株ブームそろそろ限界か

中国株活況の主要エネルギー源だった信用買いはそろそろ限界か。  記事の全文 

 
写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 | 関連記事 

 
ギリシャ最良の道は「2度目の総選挙」
 
中国の不良債権、日本の「失敗」に学べ
 
高まる「チャイナオイル」の存在感
最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの情報をお届け!