PR

原発付近に住む子ども、白血病の発病率が2倍=仏調査

2012年 01月 12日 11:44 JST
 
  • Mixiチェック

[パリ 11日 ロイター] 原子力発電所の近くに住むフランスの子どもたちは、白血病の発病率が通常の2倍であることが、同国の専門家の調査結果で明らかとなった。近くがん専門誌「International Journal of Cancer」に掲載される。

フランスの国立保健医学研究所(INSERM)が、2002―07年に国内の原発19カ所の5キロ圏内に住む15歳未満の子どもを調査したところ、14人が白血病と診断された。これは他の地域と比べて2倍の発病率だった。

共同で調査を行ったフランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のドミニク・ローリエ氏は、この結果を統計的に重要だとした上で、さらに慎重な分析が必要だと指摘。また同氏は、多国間で大規模な共同調査を行えば、より確かな結果が得られるだろうと述べた。

フランスはエネルギーの原発依存度が最も高く、58基の原子力発電所を有しており、電力の75%を原発でまかなっている。

一方、昨年発表された英国の35年に及ぶ調査では、原発の近くに住む子どもにおける白血病の発病率は高いとの証拠は得られていない。


 
写真

副操縦士、会社に病気隠す

ジャーマンウィングス機墜落で、副操縦士が会社に病気を隠していたことを示す証拠が見つかったと、独検察当局が発表した。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

 1月11日、原子力発電所の近くに住むフランスの子どもたちは、白血病の発病率が通常の2倍であることが、同国の専門家の調査結果で明らかとなった。写真は昨年11月の代表撮影(2012年 ロイター)
写真はエアバスA320型機のフライトシミュレーター内部。オーストリアのウィーンで同日撮影(2015年 ロイター/Leonhard Foeger)
副操縦士が故意に墜落か

ドイツ人の副操縦士(27)が故意に墜落させた可能性があることが音声記録で判明。動機は明らかにされていないが、過去に「うつ病」だったとの報道も。
  記事の全文 | スライドショー 

「空の安全」に再び疑問符(字幕・26日)

航空機の安全性が再び問われている。24日に発生した独旅客機墜落事故で、捜査当局が副操縦士が意図的に期待を降下させた可能性があると発表したためだ。航空各社は対応に追われている。  ビデオ 

最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの情報をお届け!