PR

エジプト原発予定地から放射性物質盗まれる、専門チームが捜索

2012年 01月 19日 13:27 JST
 
  • Mixiチェック

[カイロ 19日 ロイター] エジプト国営紙アルアハラムは19日、同国北部ダバアの原発建設予定地から放射性物質が盗まれたと報じた。原発の職員は、治安悪化を理由に出勤を拒否していたという。

アルアハム紙によると、放射性物質が入った金庫1つが盗まれたほか、別の金庫は破壊され中身の一部が持ち去られたという。エジプト政府は治安当局に警戒を呼び掛け、専門チームに放射性物質の捜索を指示した。

建設予定地では先週、計画の撤廃を訴える約500人のデモ隊が軍警察と衝突し、けが人が出ていた。


 

注目の商品

写真はエアバスA320型機のフライトシミュレーター内部。オーストリアのウィーンで同日撮影(2015年 ロイター/Leonhard Foeger)
副操縦士が故意に墜落か

ドイツ人の副操縦士(27)が故意に墜落させた可能性があることが音声記録で判明。動機は明らかにされていないが、過去に「うつ病」だったとの報道も。
  記事の全文 | スライドショー 

「空の安全」に再び疑問符(字幕・26日)

航空機の安全性が再び問われている。24日に発生した独旅客機墜落事故で、捜査当局が副操縦士が意図的に期待を降下させた可能性があると発表したためだ。航空各社は対応に追われている。  ビデオ 

最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの情報をお届け!