中国、内モンゴルで世界規模のウラン鉱床を発見=新華社

2012年 11月 5日 12:28 JST
 
  • Mixiチェック

[上海 5日 ロイター] 新華社が国土資源省の情報として報じたところによると、中国の地質学者らは内モンゴル中部で「世界規模」のウラン鉱床を発見した。

新華社は、具体的な推定規模には言及していないが、この発見により、中国のウラン埋蔵量は押し上げられ、原子力エネルギー政策の実行可能性が一段と強まるとしている。

今回発見されたウラン鉱床と、その付近でこれまでに発見されたものを合わせると、内モンゴル中部は世界最大のウラン産地の1つになるという。

税関当局のデータによると、中国はウラン鉱石をカザフスタン、ナミビア、オーストラリア、ウズベキスタンから輸入している。


 
 
写真

資金がなく支払えないだけ

ギリシャ報道官は、返済義務があるものの、資金が不足しており、債権団との可能な限り早期の合意が必要との見解を示す。
  記事の全文 | 特集ページ 

注目の商品

写真
米国の「危険な賭け」

南シナ海で人工島建設する中国に対し、米軍関係者は強硬姿勢を訴え。  記事の全文 

 
写真
インドで味わう「苦い教訓」

出資したインドの不動産サイトでソフトバンクが学ぶ苦い教訓とは。  記事の全文 

 
写真
長期金利のカギは「時間軸」

米欧長期金利の安定化のカギはゼロ金利の「時間軸」だ。  記事の全文 | 関連記事 

 
「同盟国のうそ」見て見ぬふりが賢明か
 
イスラム国からラマディ「奪還」の方程式
 
今の市場は「根拠なき熱狂」か
最新ニュースのほか、ブログやコラム、スライドショーなどの情報をお届け!