Reuters logo
サッカー=2026年W杯、最大4カ国共催の可能性も
2017年2月17日 / 02:02 / 8ヶ月後

サッカー=2026年W杯、最大4カ国共催の可能性も

 2月16日、国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長(写真)は、2026年ワールドカップ(W杯)が4カ国の共同開催になる可能性があると話した(2017年 ロイター/Naseem Zeitoon)

[ドーハ 16日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は16日、2026年ワールドカップ(W杯)が4カ国の共同開催になる可能性があると話した。

インファンティノ会長は「FIFAが合理的であることを示すためにはW杯の共同開催を奨励し、長期的な持続可能性を考えなければならない。それぞれ3つ、4つ、5つのスタジアムで開催できる2、3、4カ国を集めてもいいだろう。理想的にはそれぞれの国が近いことだ」とコメントした。

この発言により、すでに可能性について話し合うとしている米国、カナダ、メキシコでの共催が実現に近づく可能性がある。

W杯では2002年の日韓大会が唯一の共催となっているが、欧州選手権では2000年にベルギーとオランダ、2008年にオーストリアとスイス、2012年にポーランドとウクライナで共催されており、2020年大会は13カ国の13都市で開催される予定になっている。

1カ国での開催は財政負担や、大会のために建設されたスタジアムのその後の使用についての問題が懸念されている一方、共催は各国のチームを追うファンに金銭的負担がかかることや、セキュリティの問題を引き起こす可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below