Reuters logo
トランプ支持者の米レスラー、メキシコで「悪役」として大活躍
2017年2月15日 / 04:55 / 8ヶ月前

トランプ支持者の米レスラー、メキシコで「悪役」として大活躍

[メキシコ市 13日 ロイター] - 反トランプ感情が強まるメキシコで、米国人レスラーのサム・アドニスはトランプ大統領の似顔絵入りの星条旗を掲げてリングに上がり、退治される「悪役」を演じ観客から喝采を浴びている。

メキシコ式プロレス「ルチャリブレ」では、ルドスと呼ばれる悪人役がテクニコスと呼ばれる善人役に倒される。サッカーに次ぐ人気だ。

アドニス選手は「メキシコ人たちは私に向かってあらん限りの罵詈雑言を浴びせ、ビールやポップコーンを投げつけてくる」と話す。だが試合が終われば写真撮影を待つ行列ができ、子どもたちのためにサインを求められる。

「ルチャリブレのファンは世界最高レベルだ。2000人のメキシコ人ファンは2万人の米国人よりにぎやかに盛り上がる」と言う。

アドニス選手は昨年4月にメキシコ入り。トランプ氏が米大統領選の予備選で勢いづいていた時期だ。当初はもて男を演じていたが、トランプ星条旗を取り入れて米国の典型的なトランプ支持者役に鞍替えした。

トランプ大統領については「支持しているとまではいかないが尊敬しているのは確かだ。彼はありのままでいる。それが好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌いなだけだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below