Reuters logo
米ヤフー全取締役の解任要求、スターボードが委任状争奪戦
2016年3月24日 / 22:01 / 2年前

米ヤフー全取締役の解任要求、スターボードが委任状争奪戦

3月24日、物言う株主として知られる米ヘッジファンドのスターボード・バリューは、ヤフーに対し委任状争奪戦を開始した。カリフォルニア州サニーベールで2013年4月撮影(2016年 ロイター/ROBERT GALBRAITH)

[24日 ロイター] - 物言う株主として知られる米ヘッジファンドのスターボード・バリューは24日、ヤフーYHOO.Oに対し委任状争奪戦(プロキシーファイト)を開始した。ヤフー取締役会に9人の候補を指名し、マリッサ・マイヤー最高経営責任者(CEO)を含む取締役全員の更迭を目指す。

スターボードはヤフーの株主に宛てた書簡で「悲惨な財務実績や幹部の不十分な実行能力、取締役会の管理能力の欠如に大きく失望している」と表明。「このような行動が必要になるとは残念極まりない」とした。

スターボードが推す取締役には、同社のジェフリー・スミスCEOやトリビューンの元CEOエディ・ハーテンスティン氏らが含まれる。

ヤフーは、スターボードの選出した取締役候補指名を精査し、近く回答したいとの声明を発表した。

ただ、スターボードは引き続きヤフーとの対話に応じていく意向があり、スターボードが関与していく方向でヤフーと合意を得ることへの期待を示していることもあり、6月下旬に予定されるヤフーの年次会合までに、両社が合意にこぎ着ける可能性も残されている。

スターボードは2014年以降、同社の立て直しを繰り返し求めてきた。マイヤーCEOが就任4年を迎えたものの、事業再建で目立った進展がないとして、不満をつのらせていた。同社はヤフーの株式約1.7%を保有する。

ヤフーは中核のインターネット事業の売却を検討しているものの、株主の一角からは、委任状争奪戦によって同売却計画に遅れが生じる恐れがあるとの懸念の声も上がっているもようだ。

こうした懸念を念頭に、スターボードは書簡で、中核事業の売却計画の適切な遂行を確実にすることが、取締役刷新の目的のひとつと説明した。

米株式市場の取引で、ヤフー株価は一時約2%下落。その後は下げ幅を縮小し、前日比ほぼ変わらずで推移した。

過去1年では約22%下落している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below