Reuters logo
UPDATE1: EU、23日に首脳会議を開催 成長支援と財政再建の両立を模索
2012年5月8日 / 16:32 / 5年前

UPDATE1: EU、23日に首脳会議を開催 成長支援と財政再建の両立を模索

 [ブリュッセル 8日 ロイター] 欧州連合(EU)は、23日に首脳会議を開催する。ファンロンパイEU大統領が加盟国首脳に送付した書簡によると議題は「欧州における成長」。成長支援と財政再建の双方を同時に達成する方法を模索する。

 23日の会議は夕食会形式の非公式会議となる。成長戦略と財政強化策について正式な決定を下す予定の6月28─29日の首脳会議に向けた土台づくりを進める。

 

 ユーロ圏債務危機が発生から2年目を迎えるなか、エコノミストの間からは、ユーロ加盟国は財政の緊縮化に重点を置きすぎているために成長が損なわれ、財政緊縮化が生産活動の低下を引き起こす悪循環に陥る恐れがあるとの指摘が出始めていた。

 週末に実施されたフランスの大統領選挙では、緊縮財政策から成長支援策への政策転換を訴えてきた社会党のオランド氏が勝利。ギリシャで行われた総選挙では、緊縮財政策を進めてきた連立与党が敗北した。こうしたなか、緊縮財政一辺倒ではなく、成長促進により重点を置いた政策に軸足を移すべきとの議論が勢いを増している。

 欧州委員会のレーン委員(経済・通貨問題担当)は8日、記者会見で、財政再建と成長促進を両立させる必要があるとの認識を示し、「財政再建と成長を対立軸でとらえる議論は誤りだ。低成長と高債務という現在の経済状況の下では、双方を同時に進める以外の方法はない」と述べた。

 同委員は「成長を支援しながら、差別化された方法で、財政再建を追求していく必要がある」としている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below