Reuters logo
米FRB、まだ利上げに着手すべきでない=ダラス地区連銀総裁
2012年5月8日 / 19:22 / 5年前

米FRB、まだ利上げに着手すべきでない=ダラス地区連銀総裁

 [ダラス 8日 ロイター] 米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は8日、米連邦準備理事会(FRB)はまだ利上げに着手すべきではないとの認識を示した。 

 総裁は講演後、記者団に対し「出口戦略を支持する用意はまだ整っていない」とし、「まずは緩和策を停止する必要がある」と述べた。 

 

 バーナンキ議長は、経済状況が悪化した場合、追加緩和の可能性を排除しないとの立場を示しているが、フィッシャー総裁は追加緩和に繰り返し反対する意向を表明。6月末に期限を迎えるツイストオペについても、延長すべきではないとの考えを示している。 

 総裁は「雇用の伸びは依然弱いが、追加の金融緩和措置を講じても問題は解決できない」とし、雇用促進には金融政策ではなく、財政政策や、議会の明瞭さが必要との考えをあらためて主張した。 

 その上で「米財政当局はきちんと取り組むべきだ」と述べた。 

 フィッシャー総裁はタカ派として知られており、今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持たない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below