Reuters logo
NY外為市場=ユーロが一時1.3ドル割れ、欧州の政治的不透明感の高まりで
2012年5月8日 / 20:37 / 5年前

NY外為市場=ユーロが一時1.3ドル割れ、欧州の政治的不透明感の高まりで

ドル/円    NY時間午後4時    79.82/87
                始値    79.83/84 
             前営業日終値    79.90/92 
 
ユーロ/ドル NY時間午後4時      1.3009/14
                始値   1.3001/02
             前営業日終値   1.3056/57
--------------------------------------------------------------------------------
 [ニューヨーク 8日 ロイター] 8日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが
対ドルで7営業日連続で下落した。総選挙後のギリシャで政局が混迷していること、また
仏大統領選で社会党のオランド氏が当選したことで、ユーロ圏債務危機の主要な対策とみ
られていた緊縮財政政策の土台が揺らぐ恐れがあるとの懸念から、ユーロ売りが継続した。 
 総選挙から2日たったギリシャではこの日、第2党となった急進左派連合のツィプラス
党首が、欧州連合(EU)、および国際通貨基金(IMF)との間の支援合意は無効にな
ったと発言。これを受け、ユーロは一時、心理的な節目となっていた1.30ドルを下回
った。 
 
 フォレックス・ドット・コムのシニア外為ストラテジスト、ダニエル・ファン氏は「ギ
リシャでいまだ新政権が樹立されていないことが、この日のユーロ下落に圧倒的に作用し
た」と指摘。「全般的にリスクオフの状態となっている。欧州で政治情勢が不透明となっ
ていることから、ユーロは当面は圧力にさらされ続ける」と述べた。 
 
 ユーロ/ドルEUR=は一時1.2981ドルまで下落。終盤の取引では前日比0.3%
安の1.3012ドルで推移した。 
 ユーロ/円EURJPY=は0.4%安の103.85円、ドル/円JPY=は0.1%安の
79.80円で推移した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below