Reuters logo
UPDATE1: 8月の米輸入物価は5カ月ぶりの上昇、輸入石油コストが主導
2012年9月12日 / 13:26 / 5年前

UPDATE1: 8月の米輸入物価は5カ月ぶりの上昇、輸入石油コストが主導

 [ワシントン 12日 ロイター] 米労働省が12日発表した8月の輸出・輸入物価
統計によると、輸入物価は前月比0.7%上昇した。輸入石油コストが上がり、5カ月ぶ
りの上昇となった。米国の消費者には重荷となり、一時的にインフレが加速する可能性が
ある。
 輸入石油コストは4.1%上昇。ガソリン価格の上昇は、家計を圧迫する恐れがある。
 輸入物価のアナリスト予想は1.4%上昇だった。
 多くのエコノミストは、燃料価格の上昇は短期のインフレにつながると予測するものの、
依然として米連邦準備理事会(FRB)が今週、金融緩和策を講じるとみている。
 非石油物価は0.2%下落。世界景気の冷え込みで、企業が値上げする余力が低下して
いることを示す。
 自動車を除く消費財物価は0.3%下落した。自動車・同部品は横ばいだった。
 日本や中国からの輸入物価は変わらず、欧州連合(EU)からの輸入物価は0.4%下
落した。
 輸出物価は0.9%上昇。エコノミスト予想は0.4%上昇だった。
 
    
 詳細は以下のとおり。
  
 (2000=100、前月比%、季節調整前)

                 8月     7月   前年比
全輸入               0.7    -0.7    -2.2 
 石油              4.1    -2.1    -6.4 
 非石油            -0.2    -0.3    -0.9 
 食品・飼料・飲料       -0.9    -1.0    -3.4 
 工業供給品            2.4    -1.8    -6.3 
 資本財              -0.1    unch     0.2
 自動車・同部品         unch     0.3     1.4
 消費財(自動車除く)     -0.3    -0.1     0.8

                 8月     7月   前年比
全輸出              0.9     0.4    -0.9 
 農業               5.1     6.3     7.7
 非農業              0.4    -0.3    -1.9 
 食品・飼料・飲料        4.8     6.8    10.2 
 工業供給品           1.4    -0.4    -6.1
 資本財            -0.2    -0.2     0.7
 自動車・同部品        -0.2     0.2     1.6
 消費財(自動車除く)      unch    -0.6    -0.8 

エコノミスト予想(ロイター調査)
 輸入物価 +1.4 pct
 輸出物価 +0.4 pct

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below